« フーデックス報告 | トップページ | 紀ノ国屋のイギリスチーズセット »

フーデックス報告 その2

Foodex200703156

フーデックスが主催しているinternational food&beverage seminarのなかのオーストリア産フレッシュチーズセミナーに参加しました。

「Landfrish Molkerei Wels Austria」ラントフリッシュ乳業会社は,ヨーロッパでカッテージなどのフレッシュチーズで有名らしく、1974年以来健康的な乳製品をつくっているそうです。輸出向けのワサビ風味フレッシュチーズでは2007年オーストリアチーズ皇帝賞を受賞しています。
試食したのは、いろいろなフレーバーのロール状になったフレッシュチーズと子供向けのクリームチーズチョコバー。フレッシュチーズのせいかあっさりして食べやすく、チョコバーは大人でもおいしく食べれるお菓子(?)と思います。カッテージチーズは日本のものより塩味を感じますが、粒が大きく、サラダとかと相性がよさそう。

オーストリアと聞くと、観光や音楽ばかり思いつきますがチーズもつくっているんですね。いままで印象がなかったけど、こんどみつけたらいろいろ食べてみようと思います。

|

« フーデックス報告 | トップページ | 紀ノ国屋のイギリスチーズセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218675/5699662

この記事へのトラックバック一覧です: フーデックス報告 その2:

« フーデックス報告 | トップページ | 紀ノ国屋のイギリスチーズセット »