« お伊勢参り2日目 | トップページ | アースデー報告 »

お伊勢参り3日目

Ise8 Ise9 Ise10

目覚めもすっきり、朝風呂&朝ごはんをしっかり楽しんでから、伊勢神宮へ向かいます。

ちょうどいまは「お木曳(おきひき)」が行われています。式年遷宮のため、社の柱などに使うお柱を神領民が運ぶのが「お木曳」行事。
ちなみに、20年に1度、伊勢神宮(内宮、外宮および14の別宮)のお社をすべて建直すことを「式年遷宮」といい、第1回式年遷宮は690年に持統天皇によって行われ、約1300年にわたって続けられています。1993年の秋に第61回の神宮式年遷宮が行われ、第62回目が2013年になります。
これから遷宮までの約7年にわたって約30の祭りと行事があり、そのひとつが「お木曳」で、大きな山車で外宮に運ぶ「陸曳(おかびき)」と、木ぞりで五十鈴川を上って内宮へ運ぶ「川曳(かわびき)」があります。
ちょうど外宮の入り口でそれぞれの町や地区ごとに参拝している風景に出会いました。

伊勢神宮の正式な参拝順序は「下宮→内宮」ということで、まずは「下宮」へ。
こちらは衣食住(産業)を司る豊受大御神様がいらっしゃるところ。鳥居をくぐって神域に入れば空気も澄んでいて、何百年もの大木のあいだを歩くとなんだか背筋ものびます。正宮を参拝したあと、「多賀宮」「風宮」「土宮」もお参りして「内宮」へ。

Ise11_2
「内宮」は全てを司る天照大御神様がいらっしゃるところ。
五十鈴川にかかる宇治橋を渡って正宮へ。この橋は日常の世界から神聖な世界へのかけ橋とされています。正宮で参拝をすませたあとは御饌(みけ)をするために神楽殿へ。厄祓いの申込をして順番を待ちます。祈祷のときは自分の名前を読み上げて御祓いをして頂き、なんだか神妙な面持ちに。。。最後に御神札や神饌(神様と同じ食事を分けて頂くこと)を頂いて終了。
家族にお守りを買って伊勢神宮をあとにします。

Ise12 Ise13 Ise14

ランチはおはらい町にあるおかげ横丁へ。昔から参拝客で賑わう通りは、いろんなお店があって楽しめます。「おかげさま」という清酒を造る伊勢萬さんで限定しぼりたて(うまい!)や大吟醸を試飲できますよ。日本一小さな造り酒屋だそうです。まる天のたこ天をたべて、おかげさまを呑んで、赤福本店で五十鈴川の鯉のぼりを眺めながらできたての赤福を。本店でたべるととってもやわらかくてくせになります♪ほかにも伊勢うどん(あとで食べましたけど)やてこね寿司など、未練の残るものはいっぱい。。。
次回は”絶対たべるぞー!”と思いながら。

いまどきの「お伊勢参り」は“食”がキーワード?
地元で採れたものを堪能するのは旅の醍醐味ですよね。その土地のパワーをもってるとも言われるし、温泉にはいって、神様にお祈りして、ココロもカラダもすっきりした3日間でした。
東京から近いトコロもいいけれど、ときどき遠出してみるのはいかがですか?

|

« お伊勢参り2日目 | トップページ | アースデー報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218675/6147516

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢参り3日目:

« お伊勢参り2日目 | トップページ | アースデー報告 »