« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

わたし的能登ナビ~田舎時間編~

Notoinaka1

スタッフをしてるNPO田舎時間は、山形県上山のほかに石川県穴水でもしています。以前から行きたかったキリコ祭りに初参加。キリコ(切籠)とは長方形の山車のような御神灯のことです。今回は参加者18名という大所帯で公民館に宿泊して、かなり合宿のノリ。

Notoinaka2

参加させてもらったキリコ祭りは穴水町岩車地区で五台のキリコがでます。地区によってキリコが分かれていて、わたしは水色のハッピがかわいい4班。海岸でご神体が来るのを待った後、一軒一軒キリコを引いて巡ります。自分達の地区になると、この大きなキリコを担ぐんです。独特の掛け声とリズムのなか、しっかりとキリコを支えます。担ぎ手のひとりとして、前半からがんばって仕事しましたよ。肩や腰の痛みもこのすごいテンションでぜんぜん気になりません(翌日は。。。)最後は神社の急な坂を登ってご奉納。6時間以上にわたる長い夜は、とても忘れられないものになりました。

といっても夜は終わらず、お世話になっているお宅で大宴会。寝たのはam5:00近いのに、am6:00の町内スピーカーでしっかりお目覚め。泊まっている公民館前の広場で、お祭りの片付けをしてる人たちのお手伝い。提灯や電球を片付けながら地元のひととおしゃべりしたり、堤防で海を眺めたり。本当に静かな海を見てると朝からココロが和みます。

Notoinaka3 Notoinaka4

昼からはキリコ祭りでお世話になった班の反省会へ。4班は美味しいご馳走とお酒がでてきて宴会です。お母さんのお煮しめやお刺身が本当に美味しい!東京でもなかなか味わうことができません。

Notoinaka5

午後は奈古司神社へ神輿の奉納に参加したあと、サザエを取ったり、温泉に入ったり。能登の温泉は海水系でタラソテラピー効果抜群。お肌もしっとりです。夜は公民館でまたもや宴会。渚水産さんのお刺身や干物がおいしくて、ビールもお酒もどんどん進みます。この日の夜も長かった。。

Notoinaka7 Notoinaka6

最終日は稲穂の脱穀です。お世話になってるお宅で、前の週に収穫してハザに干しておいたものをみんなで脱穀します。ハザから外して→脱穀して→ワラを束ねてと15人以上で連携プレー。みんなでモクモクと作業するってとても楽しいんですよ。
お昼はみんなでおにぎりを食べて、温泉はいって空港へ。飛行機であっという間に東京でした。

地元のお祭りに参加するってなかなかできないことなんです。なにげない海の風景やおしゃべりに癒されて、ふだんの忙しさを忘れることができました。東京にいる以上に飲んだ酒量はハンパないですけど。。。

地震の傷跡ものこる能登半島だけど、本当に楽しい田舎時間でした。受け入れてくださった地元のみなさま、穴水スタッフやメンバーのみなさま、ありがとうございました。
次回は冬に参上します☆

ちゃっかり新聞に載っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

わたし的能登ナビ

Noto1

この連休に能登半島にいってきました。
能登というと海の幸が有名ですよね?それならきっとゴハンもお酒も美味しいにちがいないと思ったら、やっぱり予想通りのステキなトコロでしたよ。

まず朝の便で能登空港へ。レンタカーで向かったのは能登半島の先端のほう。途中の恋路海岸の海や空の美しさに大感激。コバルトブルーやディープブルーがまざったカラー。空もすっきり晴天なんです。穏やかな海は沖縄にも負けない美しさ。

Noto2 Noto3 Noto4

松波にある松波酒造は明治創業で150年以上の歴史があります。もともと友人から古い酒蔵があると聞いて、訪ねてみたかった場所。若女将の金七さんに酒造のなかを案内してもらいました。古い木造の建物には、大きなお釜や酒船や木桶などなど興味をひかれる道具ばかり。”冬場に来るといいですよ”という言葉に、お酒を仕込んでる時はもっと良いんだろう。。。

Noto5 Noto6

案内してもらったあとは、待望の試飲タイム。数種類のお酒を説明してもらいながら試飲しました。「大江山大吟醸」のほかにも、ひやおろしなどなど種類も豊富です。次は仕込み時期に遊びに来ますとも!

Noto7

酒造訪問のあとは今夜の宿のある和倉温泉方面へ。海岸線をぐんぐん走ります。ちょうど稲刈りのシーズンで、ハザに干した稲穂と海の風景にココロがなごむ感じ。七尾の城跡でステキな夕焼けに遭遇したり、昆布処しら井さんや幸寿司さんで能登の幸を堪能です。

Noto8 Noto9

翌日は能登島でシーカヤック。サカナをみたり、洞穴にはいってみたり、透明度の高い海でのシーカヤックはとても気持ちいいんです。川や湖とはちがった良さがありました。そのあとはおなじ能登島にあるスローなカフェ能登カフェへ。お野菜たっぷり一汁三菜セットがオススメ。海を眺めながら美味しいケーキも頂いてゆったりしたランチタイム。。あ~しあわせ♪

午後からは田舎時間in穴水に合流です。
つづく。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブルサンでおつまみ②

Bousrin3

「お酒にぴったりな一品」レシピ2品目はサラダ。
キュービック状になってるので、ブルサンサラダをそのままサラダの上にどうぞ。グリーンリーフにパプリカやオニオンをまぜることで、緑・赤・白と彩りもあざやかで、野菜もいっぱいとれてヘルシーに。チーズの白さも引き立ちますね。

~レシピ~
○材料
グリーンリープ/パプリカ/オニオン
ブルサンサラダ
A:オリーブオイル/ビネガー/塩・胡椒

○作り方
1うすくスライスしたパプリカとオニオンをグリーンリーフと混ぜる
2器に盛って、ブルサンサラダをちらす
3Aの材料でドレッシングを作って最後にかける

Bousrinorigin_2

つづく。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルサンでおつまみ

Bousrin1

ブルサンを使っていろんな料理を考えてみました。選んだアイテムは「ブルサンサラダ
コンセプトは「お酒にぴったりな一品」(べつに酒豪じゃないです。。)チーズはそのまま赤ワインとあわせる、、みたいなオーソドックスなルールじゃなくて、ビールやスパークリングワインにあわせてもいいんです。そのままオードブルにするほかに、簡単なおつまみやお料理がおうちでできたら、よりお酒も楽しめますよ。

美味しいチーズライフをめざしましょう!

といいつつ、やっぱり1品目はおつまみ。ガーリック風味がしっかり効いていて、フレッシュチーズの酸味もあるので、ビールとの相性も抜群です。発泡酒みたいなソフトなタイプじゃなくて、ザ・プレミアムモルツのようなしっかりとした味わいのビールとあわせてみてください。両方の味が引き立ちますよ。
小さなお猪口に盛ることで見た目もおつまみ風☆

Bousrinorigin

つづく。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シブヤ大学で居酒屋を極める

Shibuyauni2_2

夜はシブヤ大学の学食にいこうワークショップ「居酒屋」編に参加しました。この「学食シリーズ」は毎回ひとつの食のジャンルにしぼって、シブヤ大学がオススメする場所をみつけて、レポートをもとに「シブヤ大学・学食MAP」をつくろうという企画。
今回は、参加者全員で渋谷区のオススメ居酒屋をまわってレポートする楽しい内容です。講師はお料理ユニット南風食堂の三原寛子さん。飛び入りゲストでCOW BOOKSさんもオススメ居酒屋本を教えてくれました。

Shibuyauni3

最初の会場は桜ヶ丘のMeWe。ビールを飲みながら、説明をきいて5つのグループに分かれて、居酒屋へGO!
わたしのグループはそのままMeWeで取材敢行。ココは渋い居酒屋メニューをレゲエを聞きながら楽しめて、ちゃぶ台スペースみたいなお茶目なところも。スタッフもみんな気さくでいい感じです。カウンターはとっても居心地よさそうで、長居しちゃいそう。。おすすめの料理やお酒を頼みながら、店長さんに取材。お酒もはいってるからノリもよく、たのしくレポートできちゃいました。
ココのおすすめは「牛すじダクダク丼」と「テキトマ」。ぜひ1度試してください!

つぎは発表場所の青学近くのTamaで、各グループがプロジェクターを使って発表します。ココは沖縄料理と泡盛ワインを楽しめるお洒落barみたいな居酒屋。かなり満腹で何もたべれなかったけど、レポート発表もかなり盛りあがってましたねー。

初めて会ったのに居酒屋めぐりで、メンバーととても仲良くなったんです。なんだかステキな居酒屋パワーを感じた夜でした☆

取材した渋谷区内のオススメ居酒屋
・Mewe
・佐賀
・アガン
・Tama
・笹吟

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シブヤ大学で狂言を学ぶ

Shibuyauni1

さいきん話題になっているシブヤ大学のワークショップに参加しました。テーマは「誇らしき笑い~狂言から学ぶ日本と私の関係性~」。講師は和泉流十世三宅藤九郎さん。
午前中は狂言についていろいろ教わったあと、午後は実際にカラダを動かします。立つ&座るの所作を教えてもらって実践したり、小謡”うさぎ”を覚えたり。丸1日だったけど、あっという間に終わりました。
1番印象的だったのは、先生の所作の美しさ。そして自然にすっと立ち上がる難しさです!姿勢の良し悪しが本当によくわかっちゃうのです。茶道の所作というより、むかしがんばっていた剣道を思い出す所作は凛としていて格好いい。お茶のお稽古の時は先生に叱れる男座り(剣道って袴なので。。)に近いものがあります。けっこうぎこちない自分の動きに赤面です。。。板の間で正座は本当にひさしぶり。とても勉強になった時間でした。

まわりの友人の影響で狂言や能を見る機会もあるので、次回はもっとしっかり拝見しようとココロに決めた1日でした。

授業中は撮影×なので、頂いた加賀棒茶とお菓子の写真です

シブヤ大学学食にいこう「居酒屋編」へつづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パークハイアット東京のランチ

Pht20070912

ふだん働いている会社のChampagneTastingPartyのため、パークハイアット東京にいってきました。ちょっと時間があいたので、1Fのデリカデッセンで美味しそうなランチをチェック。すてきなカフェスペースがあるんです。選んだのはサンドイッチセットで、好きなサンドにサラダ2種類、デザートも選べて、ドリンク付でも1,400円というお得プライス!
もちろんサラダで使われているボッコンチーノ(小さいモッツァレラチーズ)もミルクの風味がしっかりしていて合格点だし、ホットサンドの具にはいってるナスもしっかり衣をつけてフライしてあるこだわりよう。もちろん温めてサーブしてくれます。ほかにも、スープセットやサラダセットなどいろいろありましたよ。

パークハイアットの味が1,000円代で楽しめるなんてオススメです。席が少ないのでランチタイムはとても混んでるけど、西新宿へいったらぜひ。

today's select
・キャベツとトマトのペンネ ケッパー風味
・3種のトマトとボッコンチーノのカプレーゼ
・フライしたナスとモッツァレラのホットサンド
・レモンパイ
・カプチーノ

パークハイアット東京デリカデッセン
address 東京都新宿区
access JR新宿駅徒歩15分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エディアールのガレット

Hedeare20070907

東武百貨店池袋店の中で本格的なガレットが気軽に食べられるイートインスペースをみつけました。パリの有名な食料品店である「エディアール」。ここのカフェのコンプレットというハムやエメンタールチーズを使ったそば粉のクレープがおすすめです。食器もかわいい陶器で、紅茶もエディアールの高級茶葉を使用。他の百貨店だと、ベーカリーだったり、いろんなスタイルのお店があるそうです。お買い物の途中で寄ってみてくださいね。

エディアールとは
1854年創業のパリ老舗食料品店。最高級の食材だけを集めた店舗はパリのマドレーヌ広場にあり、赤いロゴがトレードマーク。フランスの高級ブランド店だけが加盟できる「コルベール委員会」の一員です。

カフェ・エディアール
address 東京都豊島区/東武百貨店池袋店内
access JR池袋駅徒歩1分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻布十番パテ屋のパテ

Pateya20070910_2

東京さぬき倶楽部でビールを飲んだ帰りに、麻布十番の交差点ちかくの小さなwinebarにいきました。
看板メニューは「パテ」。いろんな種類がかわいいレンゲにはいってサーブされます。「ゴボウと赤ワインのパテ」や「カブとアンチョビのパテ」などなど、味見してみたいパテばかり。パテ以外にもテリーヌなどのサイドメニューも充実しています。もちろんチーズの種類も豊富だからうれしいかぎり。ボトルワインも3,000円代~とお手頃プライスだし、グラスワインの種類も多くて使い勝手がいいですね。

2軒目にオススメな感じです。

麻布十番パテ屋
address 東京都港区
access 東京メトロ麻布十番駅徒歩3分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎時間レポート

Blog1

スタッフをしているNPO田舎時間で週末に山形県かみのやまにいってきました。

Blog3 Blog4

今回はオーロラという洋ナシの収穫や選果のおしごと。収穫→選果→箱詰→JAへ出荷と一連の作業をしました。オーロラのほかにも果樹園には、桃やプルーン、ネクタリンがたわわに実っています。お父さん作のリアカー(もどき)でとったオーロラを運んだり、レゲエを聴きながら選果マシーンでサイズ毎に分けたり。作業のあいまのおしゃべりもとっても楽しい時間です。

おしごとがおわったら共同浴場で温泉にはいって、みんなで夕ごはん。ほんとうにごはんが美味しいんです。採れたて素材をつかっているからかな。。つくってくれるお母さんやおばあさんに大感謝です!いろんな話で遅くまで盛り上がりました。

日曜日の午後は小穴地区のお不動さんへ。山道をてくてく登ったところにぽっかり明るいところが。。小さいお堂はなんだか神々しい雰囲気につつまれて神聖な佇まい。

ほんとうに毎回あたらしい発見あり!すっかり秋らしい涼しさで、気持ちよい田舎時間でした。

Blog2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワークショップ「チーズ@ラボ」のおしらせ

Cheeselabo20070428

ワークショップ「チーズ@ラボ」のご案内です

<ご案内>
---------------------------------------------------------------

IIDカフェにて、ワークショップ「チーズ@ラボ Pro」を開催します。

今回のお題は”本格フランスチーズ3回コース”
いつもより詳しい内容を学ぶプロフェッショナルコースでフランスチーズを極めましょう。

①9/29(土):白カビ&山羊&フレッシュタイプ
②10月第4週予定:ブルー&ウォッシュ&ハードタイプ
③11月第4週予定:AOCチーズについて
※1回のみ参加もOKです

【チーズ@ラボ プロフェッショナル in IIDカフェ】
(日にち)2007年9月29日(土)19:00~20:30
(場所)世田谷ものづくり学校(IID) GOSLOWカフェ
(定員)8名 *先着順
(費用)3,500円 *食材費こみ

---------------------------------------------------------------
※注意
このワークショップはスクーリングパッドの関係者限定となっております。
ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »