« わたし的兵庫ナビ~有馬でいやす~ | トップページ | チーズラボ報告 »

わたし的兵庫ナビ~番外編:奈良にまなぶ~

Kobe107

最終日はなぜか奈良へ。友人の”春日大社の藤が見ごろらしいよ”の一言にはまりました。さすがに吉野の桜は無理でも、藤なら見れるんじゃないかなと。それに学生時代に修学旅行がなかったので、奈良に行ったことがなかったのです。

通勤ラッシュのなか、電車にのって大阪経由で奈良に向かいます。でも神戸から1時間ちょっとで着いちゃうのが驚き。駅でレンタサイクルをかりて、春日大社をめざします。

Kobe106

春日大社は奈良時代に藤原氏の氏神を祀ったのがはじまりといい、三蓋山や周辺の森は神域とされてきました。鹿島神宮ともつながりがあって、鹿がご縁になっています。朱塗りの社殿が鮮あざやかで、恋愛祈願・縁結びの神様としても有名ですね。

Kobe108 Kobe103

森に囲まれ、緑が深い雰囲気が伊勢神宮に似ています。お参りをして、”砂づりの藤”を愛でて、風宮神社で「こより祈願」を。厄落としと良運に効きめがあるので、かなり真剣です(笑)
そのあとに、春日荷茶屋で名物の万葉粥を頂きます。

Kobe111 Kobe110

万葉粥は、僧侶たちが常食としたほうじ茶や大和茶で炊いた茶粥を、白味噌と昆布だしでアレンジしたお粥のこと。今月の具は、旬のたけのこ。上品な味わいでしたよ。

やっぱり奈良の大仏さんを拝見しなければと東大寺へ。

Kobe113 Kobe116

東大寺は8世紀の中ごろ、聖武天皇によって建立された華厳宗の総本山です。ちなみに、大仏さまの本名は「蘆舎那仏rosyana-butsu」。”光かがやく仏”という意味だそう。

強気な鹿にどやされながらも参道を歩いて、大仏殿へ。月並みな感想ですけど本当に大きいのです。これを天平時代に造って、いままで大切にしてきたという事に感動です。

ランチは、吉野本葛天極堂の奈良本店で”葛うどんと葛もち”の葛づくしを頂きました。吉野名産の葛がはいった手延べうどんは、ツルツルしたのどごしがおいしかったです。

Kobe125

神戸への帰り道なので、法隆寺で途中下車。斑鳩の里にやってきました。

Kobe124

法隆寺は飛鳥時代の607年に聖徳太子と推古天皇が創建したといわれ、55棟の国宝建築物があり、日本の世界遺産第1号です。

Kobe120

「鐘がなるなり~」で覚えた、聖徳太子ゆかりの仏閣を拝見です。特に五重の塔や夢殿。ちょうど特別公開もあって、夢違観音像や玉虫厨子をはじめ、国宝や重文がたくさん。東京ではありえない名品の数々ですね。

大学は芸術学部卒ながら日本美術にうとく、仏像の見方でも読んでくればと反省しきり。飛鳥時代のアルカイックスマイルな菩薩様たちには好感もてましたけど。保存状態のよさに、仏教の力に驚きます。今まで守ってきたということは本当にすごいこと。

建物のほかには無駄がなく、シンプルな境内。1000年前も同じ風景だったかなと想像はふくらむばかりです。

時間はある方はぜひ法隆寺にいってみてください。

飛鳥にも吉野にも行きたいし、奈良では西ノ京にはいけてない。
次回はぜひ奈良ナビを企画していってきます!

Kobe126 バリスタチャンピオンのカプチーノ&ティラミス♪

今回もいろいろ体験した蔵元訪問ツアー。本田商店のみなさまをはじめ、関西在住の友人たちにいろいろお世話になりました。ハリケーンのような旅でしたけどね(笑)
ほんとうにありがとうございました!
次回のナビもおたのしみに☆

|

« わたし的兵庫ナビ~有馬でいやす~ | トップページ | チーズラボ報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218675/21044574

この記事へのトラックバック一覧です: わたし的兵庫ナビ~番外編:奈良にまなぶ~:

« わたし的兵庫ナビ~有馬でいやす~ | トップページ | チーズラボ報告 »