« わたし的勝沼ナビ | トップページ | わたし的勝沼ナビ~ワイナリーめぐる~ »

わたし的勝沼ナビ~石蔵仕込~

Katsu001

台風の影響で、ちょっと曇り空の勝沼に到着。ちょうど、収穫のシーズンなのでいろいろな種類のぶどうが実っていておいしそうです。

Katsu005_2 Katsu024_2

友人Kちゃんの紹介で、ルミエールワイナリーさんの「石蔵仕込体験」へ。
こちらは、登録有形文化財「ルミエール旧地下発行槽」があり、いまも現役でワインつくりに活用されています。この石造りの水槽(?)で、ブドウをつぶして発酵させるのです。つぶし方も、すのこみたいな竹製のろ過装置をつかっているのにびっくり。

Katsu012 Katsu034

ブドウをつぶしたり、生ジュースをのんだり、畑にいったり。最後は地下セラーでワインとおいしい食事を頂きました。裏の自社畑には、ヨーロッパ種を中心にいろいろな品種があり、ちょうど実りのシーズン、みているだけでたのしくなりますよ。
ワイナリー訪問をしたときに、畑と仕込スペースが同じ場所だと両方みれますね。離れていることも多いのです。

ワイナリーの一般向けイベントに参加したのは日本で初めてでしたが、こういうイベントに参加すると、そのワインに愛着がわきますね。
つぎは収穫祭があるそうですよ。

|

« わたし的勝沼ナビ | トップページ | わたし的勝沼ナビ~ワイナリーめぐる~ »

コメント

地下醗酵槽は興味深いですね。欧州ならボトムレンジのワイナリーに多そうですが国内では珍しいのでは?良い酵母が住んでる気がします。
イタリアの自然派の造り手にはアンフォラという素焼きの龜で造っている人たちがいます。ワインへの人為的な介入を嫌うため木樽を使わないんです。ワタシならこの醗酵槽で甲州を赤ワインみたいに果皮ごと醸したいなぁ。天然酵母たちにぶどうを託したら美味しいワインが出来そう。妄想しちゃいます。

投稿: bleu et rouge | 2008年9月20日 (土) 08時34分

けっこう大きいサイズでびっくりでした。

もちろん、昔はステンレスタンクなんてないですものね。石で水槽つくって、ワインを仕込んだ明治の人の気合に感謝です。
おかげで美味しい山梨ワインが飲めるようになってるのですから。

ほんとに天然酵母の宝庫って感じの石蔵でしたよ。

投稿: kana | 2008年9月21日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/218675/23780665

この記事へのトラックバック一覧です: わたし的勝沼ナビ~石蔵仕込~:

« わたし的勝沼ナビ | トップページ | わたし的勝沼ナビ~ワイナリーめぐる~ »